2018年06月01日

膝の病気

膝の、下のところの骨が出てくるオスグッドっていう病気を知っていますか?
オスグッド・シュラッター病っていいます。
成長期にスポーツしてるとなりやすいのですが、それで大人になっても膝の下の骨が出てる人がいて、そこが当たると痛いんです。
普段の生活では特に支障はないのですが、正座とかすると痛い人もいます。

この病気になってる人は多いのですが、膝の骨が出てしまったらもう戻せないので、
大人になっても出たまんま。
結構痛そうですよ、当たるとね。

膝の下が出てるので、女優さんとかの人前に出て(足を出す機会のある人)ると、
すぐに「あ、あの人もだ!」って分かります。

女性はあまり足を出さないかも。

足が短く見えるし、膝が汚いんですよね。
かくゆう自分もそうですから、わかります。

若い時にスポーツしてたらこの名前は来たことがあるかもですが、
オスグッドの場合はもう、、、ずっと痛いです、覚悟した方がいい。

膝ってやっかいですねー。

2018年05月01日

処方箋

イギリスでは、処方箋をもらうためにまず医者に行きます。
こうやって書くと「当たり前」だと思われそうですが、
医者といってもなんでも屋さんで、適当感いっぱいです。

NHS (National Health Service) はイギリス政府が運営する国民保険サービスです。

税収などの一般財源によって賄われている医療機関だから、
利用者の経済的な支払い能力にかかわらず利用が可能、
原則無料で提供されています(処方薬、歯科、眼科検診を除く)。

6ヶ月以上イギリスに合法的に滞在することが可能なビザを持っている方であればこのNHSに加入することができます。

従って、イギリス長期滞在を予定の方はNHSに登録することをお勧めします。

加入すると医薬品はおおよそ一律約£7で(おそらく今も変化ないはず)
診察、入院、手術など滞在中の一般的な病気はほとんどNHSでカバーされます。

ただし、特殊な手術や持病、一部の歯科や眼科医療、事故、
そのほか盗難についてはNHSサービスの対象外となるから注意ー。

まったく無料ではないイギリスの保険制度。
いまだによくわかってません。

2018年04月01日

イベントの宣伝

なにかのイベントで、どのくらい前から宣伝していったらいいのか、の会議をしました。
そのイベントの規模などにもよりますが、2か月くらい前からしていくようです。
もちろん1年前からしていくのもありますね。

イベントページが無いまま、イベント開催日の数日前になって、
集客が厳しいというご相談がある場合もあります。

こういうような状況では、なかなかお力になれず(泣)、
歯がゆい思いをすることがあります。

イベントの集客はある程度の期間を設けて適度に時間をかけながらイベント情報を浸透させていくことが大切ですよね。。。違う?
できれば、イベント開催日の1ヶ月半前、
遅くても1ヶ月前にイベントページを公開して頂きたいです。

人気のあるイベントは例外として、逆にイベントページの公開からイベント開催日まで期間が長すぎると、参加を検討している方に時間の余裕が生まれてしまたりして、
イベントを忘れてしまうことがありますので注意が必要です。

とはいえ、これはそのイベントの規模によるのです。

開催する側は早く集めてしまいたいですからね。
皆さんはどう思いますか?

2018年03月01日

結婚宣言

結婚するぞーー、って言ってた子が、いつまでも独身。
あまり興味がないって言っていた子がすぐに結婚。
この子はお寿司屋の店主と結婚して、そのお寿司屋を一緒にきりもりしています。

大変だとは思うけど、結婚と(子供と)仕事もある生活。

かたや、結婚したいのにずっと独身で、時には仕事を失いとほうにくれる。
子供が好きなので、もはや授かっても留守区が大きい年齢になってしまった。
(いや、頑張れば大丈夫)

とにかく、この差ってなんだろうって思ったのです。
なにか特別なことがあるわけではないと思うんだよね、

ギンギン・ギラギラしてないだけなのかも。
あまり「結婚!」ってなると男性が引くし。

ということで、結婚したいっていってる人を見るとそのへんの事を話したくなります。
結婚したいがために綺麗になろうとダイエット、
それがゆえにデートでもご飯を食べず、いつも綺麗な服来てて敬遠されてしまう、みたいな。

なんでも美味しく食べて健康的で、TPOにあった服装であいてをいとめるのと、
結婚にどっちが近いと思います?
勘違いしてる人が多いんですよね、このあたり、とくと話たいです(いつ?)。

2018年02月01日

ニンジン

ニンジンがたくさんあるので、なにか作ろうかなって思い立ち、
なにをつくろうかな、で、「しりしり」が浮かびました。
沖縄の料理だったそうですね。

にんじんに含まれるカロテンは油と相性がいいし、
熱を加えることで甘みも増すし、よりおいしく食べられる!
しりしりに決定!

また火や油で調理するからカロテンの効果が上昇するとも言われています。
にんじんを油で炒める「にんじんしりしり」は、
にんじんのおいしさと栄養を最大限に引き出した料理なのです。

これで少しはニンジンが減るかな。
冷蔵庫あけるとオレンジ色ですごいんです・・・笑

沖縄のシリシリ料理に欠かせないシリシリ器。
包丁で切るより、
にんじんの甘みが引き出されて味もなじみやすくなります。
シリシリ器がない場合は、チーズおろしでも、同様におろせるけどね。

ってか、、、しりしり器なんてふつうーー、
一般の家にはないよねー。

2018年01月02日

あめましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、、、マサコ様について。
いつまであの体調不良が続くのか、いつも話題にされますね。
それに、紀子さんと比較されることが多い。

紀子さまが秋篠宮さまと結婚されたのは1990年6月のことだった。
平成になって初の慶事に列島が沸き、
当時学習院大学の教職員用の共同住宅で暮らしていたことから
「3LDKのプリンセス」と親しまれました。

「家にはテレビもなく、つつましやかな暮らしぶりに親近感を抱く人が大勢いました。
もともと、紀子さまは秋篠宮さまの1年後輩として学習院大学に入学。
キャンパスで愛を育まれたことも、新しい皇室のイメージとして受け入れられていったのかなと思います。

マサコ様はお金持ち。
そして外交官として働いていましたし、一度はプロポーズを断ったと言われています。
なにかと比較されるのはしょうがないですねー。

でも、お互いはもともと普通の(?)一般人です。
本当は分かり合えるはず!!
そういう機会を逃しているだけですよ、そう思いたい。

2017年12月01日

倍返し?

あの、、(!)、松居さんと船越さん、、、
どうもすごいのですが、船越さんが何も語らなかったのは「倍になって反ってくる」からだとか。
どんだけーー。。。

船越さんとの関係を取りざたされた大宮さんの『事実誤認』というコメントに、
松居さんがさらにかみついたように、
船越さんは16年も松居さんと一緒だったので、
松居さんの性格をよく知っています。

大宮さんのように反論すると逆に倍になって返ってくることがわかっているので、
船越さんは反論したくてもできないんですって。

本当に、、どんだけー・・・ですね。

しばらく前にドラマで「100ない返しだ!」ってのありましたけどね笑

倍、にはなってるけど、松居さんのってもっとすごそうですし、
そりゃ法的手段にも出るでしょう(!)。

人の家のこと、他の夫婦のこと、ではあるけど、とにかくすごそうだし、
そもそもこの夫婦、すごい仲良しでしたよね?
どうしたらこんなになっちゃうの?

2017年11月01日

パトカー

パトカーに乗ったことありますか?
今日、パトカーに一般の女性が乗っているのを見てしまい、「なんで!?」と思ったのです。
乗ってみたいわ。

さて、パトカーといえば、覆面パトカーというのがありますね?
覆面パトカーはスポーツタイプのセダンが圧倒的に多い。

この他にもSUVタイプやワゴンタイプなどの覆面警察車両もあるけど
路上で交通違反を取り締まる覆面パトカーはほぼセダンタイプと思って間違いないでしょうね。
そういう決まりなのかなー?

警察は管轄の県をまたいで取り締まりはしないから、
ですので、走行している車両が地域以外のナンバーであれば
それは覆面パトカーではありません。

例えば、旅行先の高速道路で、東京外なのに
「品川」や「横浜」ナンバーなら取締中の覆面パトカーではなく安心です。

また、ナンバーのポイントとしては地名の横にある
三桁の数字(一般車は300や500等)の一文字目が「8」であることが多いです。

これで覆面かどうか確認できる?

パトカーに乗ってみたいけど、捕まるのは嫌だな。
しかしあの女性なんでパトカーに乗ってたんだろ。
悪い事したようには見えなかったなー。

2017年10月01日

児玉さんについて

デヴィ夫人のことを調べていると、この「児玉さん」にいきつく。
なにもの??

児玉誉士夫は右翼やヤクザ組織、政治家との繋がりによる「力」、
様々な表、裏の資金源から得る「金」によって日本で最も影響力のある大物フィクサーにのし上がったとされています。
とくに稲川会系とはつながりが深く、小泉純一郎はその舎弟だそうで。
稲川会系??、、、まぁいい、今日はここは触れないでおこう。

ロッキード事件では、同社から巨額の対日工作資金を受け取ったとして
脱税と外国為替管理法違反で起訴されたがその対日工作資金を田中角栄に渡していたのですねー。

児玉はすでに1958年からロッキード社の秘密代理人となり、
日本政府に同社のF-104“スターファイター”戦闘機を選定させる工作をしていた。
とされています。

ここまででもすでになんか「黒い」感じがします。
そんな人がデヴィ夫人に「インドネシアに行けー」と言った、、、かどうか分からないけど、
なにか関わっていたらしい。

もっと知りたい感じもするけど、コワイのでこのへんで。

2017年09月01日

問屋街

外国の問屋街って面白いです。
たとえばバリ島。
色んな人が問屋街へ行ってお土産を買おうとしています。
またはビジネスの人も多くいて、それこそ爆買いしてる。

さて、バリ島に行くとして、どこに泊まるか?
ごく一般的な旅行者が宿泊するのが、ヌサトゥア&ブノア、クタ&レギャン、ジンバラン地区に集中しています。

アート志向の方はウブドやウルワトゥー、少々マニアックな方はチャンディダサやサヌール、
オシャレ志向の方、欧米人はスミニャック&クロボカン、
サーファーはクタ&レギャンや北部の地名もあまり日本人には知られていないところへ行く傾向が強いですよーー。

そこで、問屋に行くのは、まずはスミニャック。
うなぎ、とか有名です(食べるうなぎではない)。

うなぎ(問屋です)で買い物して安心したら、
行きたいところへいく、というのがいいのではないかなー。あはは。
私はウブドが好きです。

多くの日本人はウブドが好きですね、誰かに会うかな?